MILK

f0204317_10415041.jpg
6/5 pm9:00 にもかかわらず、満員御礼の観客席はレディスDAYだったからかもしれないけれど。


映画館の隣の座席にはとても太った女性が座っていた。

内心、そんなに太ってるのにポップコーン食べないんだ。って思っちゃったんだけど。ポップコーンと飲み物を持ってその隣に座り映画が始まった。

うまく言い表せないのが残念だけど、映画を見終わった時 隣の座席のその人に「ポッポコーン食べる?」って言いそうになった自分がいた。


深いい。 ショーン・ペンでよかったショーンがよかった。 ハービィ・ミルクという人のエネルギー。彼をとりまく人々とその活動。その活動がのちに及ぼした影響。彼の活動はたくさんの人々を救い、たくさんの希望を生んだことに間違いはないとおもう。


今日この映画を見るまではまったく知らなかったミルクという一人のゲイ。たくさんの人に見てほしいと思う映画がまた一本増えた。

世の中に星の数ほどある「差別」 知ることで少しは減ったりするのかも

http://milk-movie.jp/main.html
[PR]
by hadari7 | 2009-06-06 11:05 | 映画
<< CAPOTE プロヴァンスの贈り物 >>